behead the man who insulted our religion.

『我々の宗教を冒涜した男の首を跳ねろ!』

短編映画『イノセンス・オブ・ムスリム』は、 “預言者・ムハンマドの真の姿を暴く” という内容の低予算映画だが、これが火種となって、世界の20カ国以上のイスラム教国で抗議の反米デモが起こった。

デモだけならまだよいが、ムスリムたちは今回もまた、殺人を犯してしまった。
彼らは『唯一神 “アッラー” は全能で偉大である』、と信じている割には、無力でちっぽけな人間の作ったものが彼らの偉大な神を冒涜する事が可能である、などと、随分気が小さいのだ。

イエスキリストはアッラーの奴隷である。

『イエスキリストはアッラーの奴隷である。』

 

 

いとも簡単に殺人に及んでしまうのだが、殺されたのはムスリムではないのだから、その神について不理解なInfidel(不信心者)の人間を殺してしまう というのは、これは究極の差別である。神が殺すのだろうか?神の存在の有無さえ検証できないところの無力な人間を?いづれにしろ、どう見ても、『平和の宗 教』であるとは言い難い。

カイロの米国大使館が襲撃され、リビアで米国大使など数人が殺された。

エジプトでは製作者とその他数人に、欠席裁判で死刑判決が下った。

 

 

 

銃を構え、スキーキャップのような黒い布で顔を覆ったイスラム軍兵士たち

 

 

 

 

海外のムスリム地区に住んだことのない一般日本人から見れば、「彼らの信じるものがなんであれ、馬鹿にするのは良くないことだ」というだけの問題だが、ムスリムこそ実は、常に異教徒に冒涜的で不遜な態度を取っていながら、これが逆に他者から同じ態度で接されると殺人に及ぶのである。彼らは言う『・・・イスラム教はどの宗教よりも一番優れている。』
・・ムスリムの道徳といとはムスリム同志以外に対しては同じように作用しないのだろうか?

馬に乗った将軍

暴れん坊将軍

『他のは本物でない』『本物であるイスラム教を信仰する私はお前より格上である』『ムスリムでないお前は二級市民である』・・・を省略して言っているのである。

この態度は日本国内最大のカルトの洗脳された人々に似ている。イスラム自体、人数と歴史で宗教とされているが、その内容は、特殊で巨大な洗脳カルトといえるだろう。
そもそも、イスラム教といえば『剣かコーランか』といって改宗を迫りながら他国を侵略する洗脳+軍隊のようなものだ。『イスラム聖戦軍』

日本で言う『宗教』の概念とはかけ離れたものなのだ。日本ではキリスト教徒は1%くらいしかいないそうだが、彼らはこのような問題を起こさない。
神道は他の神様を尊重するし、キリスト教は基本は万人に対して隣人を愛せよと説いている。

God Light

キリスト教徒は彼らの神を馬鹿にされても逆上して殺人に及ぶというのは殆ど聞かない。それは彼らが不信心者だからではなく、神が人間の行為で穢されるようなヤワなものではないという認識があるからではないだろうか。

彼らが信仰する神を馬鹿にされても、一緒になって笑うことも出来る。神は偉大なので、無力な人間の行為、言動くらいではビクともしないはずと信じているからだろう。

神は信者によるお膳立てを必要とするのだろうか?

お膳立てがなければ神の椅子に座ることも出来ないなんて、まるでカルトの教祖のような神ではないか。人間を創造した創造主などではなく、人間が創造したモノであり、幻想の共有でしかない。

 

私は、自分や他の人が、優越主義団体による差別に晒されることに耐えられないので、

宗教団体メンバーによる、異教徒へ対する偏見を拡散したものへの制裁を行う一般人のための人権団体のようなものを立ち上げる必要を感じている。

一宗教優越主義の拡散を認めない。 経典などに違反した箇所があれば、それを修正して仕上げるように指導する、と言った対策が講じられる必要があるだろう。
このような対策がなければ、そのうち、ムスリム人口増加中の日本でも、聖職者たちに操られた信者によるおぞましい事件が日常化する未来は避けられないだろう。

日本のカルトは、暴力的で莫大な人口を抱えるこの宗教団体を、なんとか味方につけて、利用しようとするだろう。そうなったらもう手のつけようがない。
『悪魔の詩』の日本語訳者は何者かに殺されているが、これは未解決事件となっている。

大胆にも大学内構内で殺されたにも関わらず、犯人は見つかっていないことになっている。

何かが起こってからでは、泣き寝入りするほかないような、暴力的な、『多文化共生』など望めぬ優越主義が一般社会を圧迫し、その後征服する。彼らは、世界の遺跡などを『偶像』として、破壊し、『アッラーフアクバル!』と唱えながら核兵器のボタンをまるでおもちゃのように簡単に押して世界中を破壊するだろう。

 

Advertisements

About πоliтаπ

朕は猫なり。 吾輩猫よりエライにゃり。 しかし吾輩にぇことは友猫なり 友に上下はないにゃり。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s